禁煙のきっかけになるような環境を改善

ニコチンは主に、タバコを吸ったときに体内へ吸い込まれます。

禁断症状(離脱症状)としては、タバコが吸いたい、イライラする・集中できない、不快感が強いなどいろいろな症状が一気に襲ってきます。

なぜ依存してしまうのでしょうか?

ニコチンを吸収すると、ドーパミンという物質が多量に分泌され、その時に大きな快感を得ます。

ですが30分程度でニコチン濃度が下がり不快感が現れ、それを消すためにまたタバコなどを使いニコチンを摂取するからです。

では、どうすれば依存から抜け出し、禁断症状をなくしタバコを完全に断ち切ることが出来るのでしょうか?

禁煙すればもちろん、ニコチンは徐々に身体から抜けていきます。

完全になくなるのは二日後です。

ここから体がニコチンを欲するようになることから、禁断症状に多くの方が苦しむことになるのです。

まずは、タバコやライターなど、禁煙のきっかけになるような環境を改善しましょう。

不快感が激しいときにはガムをかんだり、好きなことをする。

もしくは、ランニングをしたり好きなものを食べたりしましょう。

そうすることで不快感を抑えましょう。

また、自分だけでは決意が揺らいでしまう方は、お友達と一緒に禁煙したり、一度医者に専門的に助言を求めるといいでしょう。

  • ---
  • BSフジ