重度の中毒にならないように要注意

禁断症状と聞くと、多くの人は麻薬などを思い浮かべることでしょう。

我々の身近にあるものとしては、お酒やタバコなども禁断症状が現れるものです。

しかし、もっと身近で意識することがないものの、禁断症状を引き起こす可能性があるものもあるのです。

それはカフェインです。

炭酸飲料や紅茶にも含まれていることがる成分ですが、多くの人が飲んでいるものでカフェインが含まれているものと言ったらコーヒーでしょう。

コーヒーはカフェインの含有量も高く、コーヒー1杯飲むとおよそ100mgから150mgのカフェインを摂取することになります。

このカフェインのは、中毒性があり、摂取するのを止めると禁断症状が現れることもあるのです。

主な症状として初期段階では注意力が散漫になり、やがては疲労感が強くなったり頭痛がしたりと様々な症状を引き起こします。

ただなんとなくコーヒーが飲みたいと思うのではなく、酷い場合にはこのような症状が出る恐れがあるのがカフェインなのです。

夜眠くならないようにとコーヒーを飲むことがありますが、習慣化すると徐々に耐性がついて禁断症状も引き起こしやすくなってしまいます。

ちょっと自分でも摂取し過ぎかなと思ったら少し量を減らすなどして、少しずつ調節して中毒にならないように注意すると良いでしょう。

  • インナーウェアのDHC
  • ---