コントロールできなくなり普段の生活にも影響

適量なお酒は、血行促進に役立ちますので、体にも良いとされていますが、お酒を飲むと楽しい気分になれるので、精神面にも良い影響を与えてくれることもあります。

でも、お酒は依存してしまう人もまた少なくありません。

アルコール依存症という、お酒に依存してしまう症状がありますが、こうなってしまうとお酒を飲む量やタイミングなどをコントロールできなくなり、普段の生活にも影響が出てしまうこともあります。

そしてお酒が切れると、禁断症状が現れるようになります。

禁断症状は、離脱症状とも呼ばれていますが、この症状はアルコールの体内での濃度が下がってくると起こってきます。

よくある症状としては、手や全身のふるえが出たり、異常な発汗、不眠、時には幻覚、幻聴などの症状が出てしまう場合もあります。

そしてこうした禁断症状を抑えるために、さらにアルコールに手を出してしまうなど、悪循環に陥ってしまうこともあります。

それゆえに、こうした症状は早めに治療を行なう必要があります。

自らの意思でお酒を絶てることが一番ですが、すでにアルコール依存症になってしまっている場合は、個人の努力で治すのは難しいと言えるでしょう。

まずはアルコール依存症に対応している医療機関に相談し、それぞれに合った方法で症状を改善していきたいものです。

  • ---
  • BSフジ